乳液・クリームの選び方・正しいつけ方

乳液・クリーム

齢とともに低下していく肌の水分・油分を補い、紫外線などの外的刺激から肌を守るのが乳液・クリームです。

この記事では乳液・クリームの役割とはなんなのか、乳液・クリームの選び方、正しいつけ方についてご紹介します。

乳液・クリームの役割

乳液・クリームは、

  • 肌に油分を与える保湿効果
  • 化粧水などの水分の蒸散を防ぐ「フタ」としての役割
  • 肌を柔軟に保つ働き

という3つの役割・働きによって、肌のバリア機能をサポートします。

現代は紫外線や大気汚染など外的環境の悪化や、クレンジングの洗浄力が上がったことによる肌の乾燥・バリア機能の低下が心配されます。

この意味でも、肌のバリア機能を高める乳液・クリームの役割は高くなっていると言えるでしょう。

乳液・クリームの違い・選び方

乳液はスクワラン、オリーブオイル、ホホバオイル、シリコーンオイルなどの流動性油分が多く含まれています。

固形成分やロウ類などがクリームよりも少ないため、みずみずしくて肌へのなじみが良いのが特徴です。

クリームは乳液よりも油性成分が多く、保湿効果が持続することが期待できます。
こっくりとしたテクスチャーで皮脂分泌量が少ない人に向いています。

乳液・クリームを選ぶ際にチェックしたい成分には次のようなものがあります。

保湿成分

保湿成分としてチェックしたいものには、

  • セラミド
  • ヒアルロン酸
  • 尿素
  • グリセリン

などがあります。

脂性肌の人など、さっぱりした仕上がりが好みの人は乳液を、乾燥肌の人や、より保湿を重視する人はクリームがおすすめです。

美白成分

美白成分としてチェックしたいものには、

  • コウジ酸
  • アルブチン
  • トラネキサム酸
  • ハイドロキノン

などがあります。

保湿力にも注意して選びましょう。

エイジングケア成分

エイジングケア成分としてチェックしたいものには、

  • レチノール
  • コラーゲン
  • ビタミンC誘導体

などがあります。

乳液・クリームの正しいつけ方

  1. 適量の乳液・クリームを手のひらにとります。
    硬めのクリームは手のひらの体温で温めてゆるめてから塗ります。
  2. 顔の中央から外へと乳液・クリームを広げます。
    目もと・口もとなど、乾燥が気になる部分には重ね付けを。
  3. 仕上げに手のひら全体で顔を包み込むようにハンドプレスし、肌にしっかり浸透させましょう。

脂性肌の人はTゾーンには少なめにするようにしましょう。

またスキンケア後には就寝するだけという夜のケアと、スキンケア後にメイクをする朝のケアでは、タイプの違う乳液・クリームを使い分けるのも効果的ですよ。