ノンシリコンシャンプーとは?そのメリット・デメリット

ノンシリコンシャンプー

最近は「ノンシリコンシャンプー」がシャンプーの主流になりつつありますね。

しかし「ノンシリコンシャンプー」って何が良いのでしょうか?

またそもそも「シリコン」とはどういうものなのでしょうか?

この記事では「シリコン」の性質や働き、そして「ノンシリコンシャンプー」のメリット・デメリットについてご紹介します。

シリコンとは?

シリコン(正式名称はシリコーン)というのは、ケイ素(Si)をもとに作られる化合物です。

安価で作ることができ、「柔軟性に富む」、「熱や光に強い」、「通気性が高い」など、多様な特徴をもっています。

シャンプーやコンディショナーにも広く用いられ、キューティクルに付着して髪をコーティングし、手触りを良くしたり髪にツヤをだしたりする効果があります。

また髪の毛をコーティングすることで、ドライヤーやヘアアイロンの熱によるダメージを軽減するという効果もあります。

シャンプーに使われているシリコンの成分表示名称は、

  • ジメチコン
  • シクロメチコン
  • シクロペンタシロキサン
  • アモジメチコン
  • ポリシリコーン13
  • PEG-○ジメチコン(○には数字が入ります)

等があります。

シリコンは髪に良くないの?

「ノンシリコンシャンプー」という言葉が広く使われるようになり、シリコンが悪いものであるように思われがちですが、シリコンそのものが体に良くない働きをもたらすということはありません。

シリコンが毛穴に詰まったり、髪や頭皮に悪影響をおよぼすという科学的な根拠もありません。

シリコン=悪者という決めつけは間違いだと言えるでしょう。

ただし、シリコンは髪の表面をコーティングするものであり、髪の内部に浸透する働きはありません。

ダメージヘアを修復するトリートメントとしての働きはないということですね。

ノンシリコンシャンプーのメリットとは?

「ノンシリコン」というのはシリコンが使われていない・配合されていないということです。

シリコンにはある程度の重量があるので、シリコンで髪の表面をコーティングすると、髪の毛がベタっとなりやすい傾向があります。

ノンシリコンシャンプーの場合はシリコンの重さで髪がベタっとならず、ふんわりと軽い髪に仕上がるというメリットがあります。

ノンシリコンシャンプーのデメリットとは?

シリコンの働きは髪の毛の指どおりを良くしたり、髪をサラサラにしたりすることです。

ノンシリコンシャンプーの場合はシリコンが髪をコーティングしないため、シャンプーの後に髪のゴワつきやキシミを感じることがあります。

界面活性剤ってなに?~界面活性剤の種類と特徴

界面活性剤

「界面活性剤」は生活の様々なところに使われ、耳にする言葉ですよね。

衣服用の洗濯洗剤や台所用洗剤、またシャンプーやコンディショナー・トリートメントにも「界面活性剤」が使われています。

しかし、いざ「界面活性剤」ってどんなもの?と聞かれると、きちんと説明できる人は少ないのではないでしょうか。

この記事では「界面活性剤」とはどういうものなのか、どういう種類があってそれぞれどんな特徴を持っているのかといった点についてご紹介したいと思います。

界面活性剤とは?

水と油を混ぜ合わせようとすると、通常は絶対に混ざり合うことはありません。
あなたも経験上、きっとご存知ですよね。

水分と油分という通常では混ざり合うことのないものを混ざるようにする働きを持つものを「界面活性剤」と呼んでいます。

これは界面活性剤の持つ特殊な構造のおかげ。

界面活性剤は1つの分子の中に、水になじみやすい「親水基」と呼ばれる部分と、油になじみやすい「親油基」または「疎水基」と呼ばれる2つの部分を
併せ持っています。

この構造によって、水とも油ともなじむ性質がもたらされるんですね。

界面活性剤の種類と特徴

界面活性剤の種類

界面活性剤は水に溶けた時にイオンになる「イオン性界面活性剤」とイオンにならない「非イオン性界面活性剤」に分けられます。

さらに「イオン性界面活性剤」はイオンの性質によって「陰イオン(アニオン)界面活性剤」、「陽イオン(カチオン)界面活性剤」、「両性界面活性剤」に分けられます。

陰イオン(アニオン)界面活性剤

水に溶けた時に親水基の部分が陰イオン(アニオン)になる界面活性剤。

泡立ちが良くて洗浄力が強いのが特徴です。
洗顔料やボディソープ、洗濯洗剤、シャンプーなどに使われています。

陽イオン(カチオン)界面活性剤

水に溶けた時に親水基の部分が陽イオン(カチオン)になる界面活性剤。

柔軟性や帯電防止性などがあり、衣服の柔軟剤やリンス・コンディショナーなどに使われています。

また殺菌効果もあるため、制汗剤などにも用いられます。

両性界面活性剤

水に溶けた時に親水基の部分がpHによって陰イオンや陽イオンになる界面活性剤。

刺激が少なくて肌にやさしいため、ベビーシャンプーや高級シャンプー、コンディショナーなどに使われています。

非イオン性界面活性剤

水に溶けた時に親水基の部分がイオン化しない界面活性剤。
他の界面活性剤と組み合わせて広く使われています。

シャンプーには陰イオン・コンディショナーには陽イオン

シャンプーに主に使われている界面活性剤は、洗浄力のある陰イオン(アニオン)界面活性剤です。

一方、コンディショナーに主に使われている界面活性剤は、柔軟作用や帯電防止作用がある陽イオン(カチオン)界面活性剤になります。

あなたは分かる?リンス・コンディショナー・トリートメントの違い

リンス・コンディショナー・トリートメント

あなたはリンス、コンディショナー、トリートメントの違いを説明できますか?

「よく分からないけど、なんとなく使っている……」

そんな方も多いのではないでしょうか。

この記事ではリンス、コンディショナー、トリートメントの違いについてご紹介します。
きちんと使い分けて美髪を目指しましょう!

共通する役割

リンスやコンディショナー、トリートメントに共通している役割は、シャンプーで洗い流した髪の油分を補うことです。

髪は頭皮から分泌される皮脂に覆われることで、紫外線や摩擦、熱などのダメージから守られています。

しかしシャンプーの後、皮脂が分泌されて髪全体に行き渡るまでには時間がかかるため、皮脂の代わりとしてリンス等で髪に油分を付着させて、皮脂の代わりに髪のダメージを防ぐようにするわけですね。

リンス・コンディショナーの役割

リンスとコンディショナーは、髪の表面をコーティングするものです。

髪の表面に付着して、

  • 静電気を抑える
  • 髪の表面をなめらかにする
  • 指どおりを良くする
  • 髪の流れを整えやすくする
  • パサつきを抑える
  • キューティクルのダメージを防ぐ

などの役割を果たします。

なお「リンス」というのは日本語で「コンディショナー」は英語です。

外資系の「コンディショナー」が市場に参入するようになり、現在は多くが「コンディショナー」という名に統一されています。

トリートメントの役割

トリートメントは髪の表面のコーティングに加えて、髪の内部に浸透して栄養成分を届け、髪のダメージを修復する役割を持っています。

最近ではトリートメントは、リンス・コンディショナーの機能を併せ持っているものがほとんど。

またリンス・コンディショナーも、髪の内部に浸透して髪のダメージを修復するトリートメント機能を併せ持つものが増えています。

リンス・コンディショナー・トリートメントの正確な定義や使用方法が各メーカーの間で統一されていないんですね。

そういう意味ではリンス・コンディショナー・トリートメントの境界線は曖昧になってきていると言えるでしょう。

それぞれの使い分け

上述のとおりリンス・コンディショナー・トリートメントの定義・境界は、かなり曖昧なものになっています。

一般的には男性、女性でショートヘアの人、ヘアカラーやパーマをかけていない人などはリンス・コンディショナーを使うと良いでしょう。

一方ロングヘアの女性、ヘアカラーをしている人やパーマをかけている人、また紫外線に当たる機会が多い人などは、髪のダメージを修復してくれるトリートメントを使うのが良いですね。