ノンシリコンシャンプーとは?そのメリット・デメリット

ノンシリコンシャンプー

最近は「ノンシリコンシャンプー」がシャンプーの主流になりつつありますね。

しかし「ノンシリコンシャンプー」って何が良いのでしょうか?

またそもそも「シリコン」とはどういうものなのでしょうか?

この記事では「シリコン」の性質や働き、そして「ノンシリコンシャンプー」のメリット・デメリットについてご紹介します。

シリコンとは?

シリコン(正式名称はシリコーン)というのは、ケイ素(Si)をもとに作られる化合物です。

安価で作ることができ、「柔軟性に富む」、「熱や光に強い」、「通気性が高い」など、多様な特徴をもっています。

シャンプーやコンディショナーにも広く用いられ、キューティクルに付着して髪をコーティングし、手触りを良くしたり髪にツヤをだしたりする効果があります。

また髪の毛をコーティングすることで、ドライヤーやヘアアイロンの熱によるダメージを軽減するという効果もあります。

シャンプーに使われているシリコンの成分表示名称は、

  • ジメチコン
  • シクロメチコン
  • シクロペンタシロキサン
  • アモジメチコン
  • ポリシリコーン13
  • PEG-○ジメチコン(○には数字が入ります)

等があります。

シリコンは髪に良くないの?

「ノンシリコンシャンプー」という言葉が広く使われるようになり、シリコンが悪いものであるように思われがちですが、シリコンそのものが体に良くない働きをもたらすということはありません。

シリコンが毛穴に詰まったり、髪や頭皮に悪影響をおよぼすという科学的な根拠もありません。

シリコン=悪者という決めつけは間違いだと言えるでしょう。

ただし、シリコンは髪の表面をコーティングするものであり、髪の内部に浸透する働きはありません。

ダメージヘアを修復するトリートメントとしての働きはないということですね。

ノンシリコンシャンプーのメリットとは?

「ノンシリコン」というのはシリコンが使われていない・配合されていないということです。

シリコンにはある程度の重量があるので、シリコンで髪の表面をコーティングすると、髪の毛がベタっとなりやすい傾向があります。

ノンシリコンシャンプーの場合はシリコンの重さで髪がベタっとならず、ふんわりと軽い髪に仕上がるというメリットがあります。

ノンシリコンシャンプーのデメリットとは?

シリコンの働きは髪の毛の指どおりを良くしたり、髪をサラサラにしたりすることです。

ノンシリコンシャンプーの場合はシリコンが髪をコーティングしないため、シャンプーの後に髪のゴワつきやキシミを感じることがあります。