健康な髪と頭皮のための食事・運動・睡眠

食事

頭皮は顔から続く肌の一部。
また髪の毛も体の一部です。

健康で美しい髪は健康な体あってのものであり、健康な生活を送ることが大切だと言えますね。

この記事では健康で美しい髪を作るための「食事」、「運動」、「睡眠」についてご紹介します。

食事

髪の毛に必要な栄養を摂り入れるために、食事は欠かすことができないものですね。

髪の毛は18種類のアミノ酸で構成される、ケラチン線維というたんぱく質がその99%を占めています。

また筋肉や皮膚など、体のほとんどの部分はたんぱく質で構成されているんですね。
髪の毛の健康だけではなく、体の健康のためにもたんぱく質はしっかり摂りたいですね。

たんぱく質には動物性たんぱく質と植物性たんぱく質があります。
動物性たんぱく質は肉・魚・卵などに、植物性たんぱく質は納豆・豆腐・枝豆などに多く含まれていますよ。

もちろん栄養素はたんぱく質だけを摂っていても身につきません。

三大栄養素と言われる、

  • たんぱく質
  • 脂質
  • 糖質

をバランスよく摂取することが重要です。

同時に、これらの栄養素を分解したり吸収したりするのを助ける、

  • ビタミン
  • ミネラル

もバランスよく摂りたいですね。

特に髪に良いと言われているのが、たんぱく質の代謝を促進するビタミンB群。
また血行を促進するビタミンEもしっかり摂りましょう。

ミネラル類では毛母細胞の活動を促進する亜鉛、髪の毛の黒い色のもとであるメラニン色素の合成に欠かせない銅や鉄分などが特に重要です。

運動

食事で髪の毛に必要な栄養素をしっかり摂取することが大切だと書きましたが、摂取した栄養素を髪に運ぶのは血液です。

血液の流れ=血行が良くないと、当然栄養素は髪の毛に十分に運ばれなくなりますよね。

運動は体全体の血流・血行を良くし、髪に栄養が行き渡るのを助けるんですよ。

運動の中でもおすすめはウォーキングをはじめとした有酸素有働。
血行促進には最適の運動です。

水泳やエアロビクスなどもおすすめですよ。

また軽い筋トレで基礎代謝をアップすることも、有酸素運動の効果を高め、また太りにくい体質を作ることにつながります。

睡眠

人の身体は寝ている間に分泌される「成長ホルモン」によって、昼の活動で受けた様々なダメージを修復しています。

髪の毛のダメージが修復されるのも同様。
また髪の毛の成長にも「成長ホルモン」は欠かせません。

最初に書いたように、成長ホルモンは寝ている間に分泌されます。
特に眠りに就いてから3~4時間の間に最も多く分泌されることが分かっています。

特に時間帯には決まりはないので、眠り始めて最初の3~4時間をぐっすりと眠れるようにしたいですね。

最近はベッドの中で、スマホでSNSのチェックをする人が増えているようです。

しかしスマホやパソコンの画面からでるブルーライトは、睡眠の妨げになることが分かっています。

寝る1時間前には、スマホやパソコンの画面から離れるようにしましょう。

ここで述べた生活上の注意点を守りながら、毎日のシャンプー&トリートメントで髪と頭皮をいたわっていきたいですね。

シャンプー&トリートメントには様々なものがあって、自分にあったものを選ぶのも大変ですが、次のサイトの体験談は、シャンプー&トリートメント選びの参考になると思います。

HANAオーガニックシャンプー&トリートメント【写真付き】使用体験談

ぜひ一度目を通してみてくださいね。