あなたは分かる?リンス・コンディショナー・トリートメントの違い

リンス・コンディショナー・トリートメント

あなたはリンス、コンディショナー、トリートメントの違いを説明できますか?

「よく分からないけど、なんとなく使っている……」

そんな方も多いのではないでしょうか。

この記事ではリンス、コンディショナー、トリートメントの違いについてご紹介します。
きちんと使い分けて美髪を目指しましょう!

共通する役割

リンスやコンディショナー、トリートメントに共通している役割は、シャンプーで洗い流した髪の油分を補うことです。

髪は頭皮から分泌される皮脂に覆われることで、紫外線や摩擦、熱などのダメージから守られています。

しかしシャンプーの後、皮脂が分泌されて髪全体に行き渡るまでには時間がかかるため、皮脂の代わりとしてリンス等で髪に油分を付着させて、皮脂の代わりに髪のダメージを防ぐようにするわけですね。

リンス・コンディショナーの役割

リンスとコンディショナーは、髪の表面をコーティングするものです。

髪の表面に付着して、

  • 静電気を抑える
  • 髪の表面をなめらかにする
  • 指どおりを良くする
  • 髪の流れを整えやすくする
  • パサつきを抑える
  • キューティクルのダメージを防ぐ

などの役割を果たします。

なお「リンス」というのは日本語で「コンディショナー」は英語です。

外資系の「コンディショナー」が市場に参入するようになり、現在は多くが「コンディショナー」という名に統一されています。

トリートメントの役割

トリートメントは髪の表面のコーティングに加えて、髪の内部に浸透して栄養成分を届け、髪のダメージを修復する役割を持っています。

最近ではトリートメントは、リンス・コンディショナーの機能を併せ持っているものがほとんど。

またリンス・コンディショナーも、髪の内部に浸透して髪のダメージを修復するトリートメント機能を併せ持つものが増えています。

リンス・コンディショナー・トリートメントの正確な定義や使用方法が各メーカーの間で統一されていないんですね。

そういう意味ではリンス・コンディショナー・トリートメントの境界線は曖昧になってきていると言えるでしょう。

それぞれの使い分け

上述のとおりリンス・コンディショナー・トリートメントの定義・境界は、かなり曖昧なものになっています。

一般的には男性、女性でショートヘアの人、ヘアカラーやパーマをかけていない人などはリンス・コンディショナーを使うと良いでしょう。

一方ロングヘアの女性、ヘアカラーをしている人やパーマをかけている人、また紫外線に当たる機会が多い人などは、髪のダメージを修復してくれるトリートメントを使うのが良いですね。